小川一水『時砂の王』読み終わり!

 さてさて、八月分の課題図書、読み終えましたよー!
 ……え、何? 八月中にこんな記事無かったって?
 
 聞 こ え な い な ぁ ? (撲殺。
 
 ……いいんです、八月中に感想が書けなくても読んだのは八月中なんですから!(開直り。
 
 三冊目は小川一水さんの『時砂の王』。
 いつもどおりネタバレ満載ですので、ダイジョブな方のみどうぞ。


 
 ……スハーッ……

 みよさまぁぁああああああああああぁァァアッ!!!

 
 ……あ、あの、えーと。ご、ごめんなさい。
 いやでも、読み終えた方ならわかりますよね!? この気持ち!
 本当に珍しいことに、感情移入の対象が名も無き兵士、みたいな状態になっておりました。
 (その割にはみよさま呼びはどうなのか、という話はおいといて)

 このラスト近くの部分以外にも、「うぉおお!」と叫びたくなる部分があったさ、ヤヴォール!
 
 一方、オーヴィル。
 彼を支えたものは、いったい何だったんだろう。
 もう二度とサヤカには逢えないという事がわかっていてなお、気の遠くなるような時間を戦ってこられたのは。
 愛する人が愛したものを守るためという理由、それは精神的に愛する人と同一になろうという事なのだろうか。
 
 そして、オメガに引き継がれていった彼の記憶、そして”空白”。
 オメガが沙夜に会いたいと言ったのは、それを埋めようとしたせいだろうけれど。
 沙夜の事が気になったのは、きっと彌与の影響なのだろうけれど……。
 なんだかすこしだけ寂しかったりしました。
 オーヴィル、あれだけ頑張ったんだから、報われていてほしいなあ。
 知性体というものの語られていない可能性に、そう願ったりします。
 
 
 ……で、話は戻るのですが、この本ずっと電車で読んでまして……。
 なんというか……拳を上げて叫びたくて仕方がなかったので家で読めばよかったと後悔しました……。
 さすがに電車の中で拳を上げて叫ぶわけにはいかない! みよさまー!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました