【精霊伝説2回~17回】ちまちまとした一言メッセージまとめ

 サボりすぎにも程がありますので!
 
 ……ということで、自分用でもある一言メッセのまとめ。
 序盤はぶっちゃけ重要なものはないのですが……。(というか書いてない回ばかりd
 

 

第2回

 ――だんだんだんだん。
 精霊協会の建物内を、無遠慮な足音が駆けていく。
 その足音は依頼受付窓口の前で突然止まり、代わりに大声がこだました。
 
null 「だぁああーッ!! 間に合ったぁ――ッッ!!」
 
 騒音の主は手続きを終えると、はっとしたように顔を上げ、自分の居る部屋を眺め見た。
 周りには、数人のグループを作って歓談する冒険者達。
 
 そう、彼はすっかり忘れていたのだ。
 
 仲間を探すということを。

第3回

 ――”こんな所にまで…!君は、やはり俺を”。
 細かい事は気にしない性質のディベルクではあるものの、
 ウィルリックの言葉に全く心当たりがなく、一応、気にはなっているようだ。
 
null 「……しっかし、さっきの何だったんだろうなー。誰かと間違えてんのかな」
 
 わりと特徴的な自分の容姿を思い、首をかしげる。
 
 だが、彼の戦闘における立ち振舞は全く問題がなかった。
 支援部隊所属のディベルクにとっては、なので、一般的に見たらどうかは分からないが。
 
null 「まいっか、頼りになりそうだし。
         悩んでも何もわかんねーなら、悩むだけ無駄だよなー!
         よーし、お仕事お仕事―! 今日もヒーローに近づいてやんぜ!」
 
 そう言って、びしぃ、とよくわからないポーズを決めてから、先を急ぐように駆け出した。

 

第4回

 フーゴから(渋々)貰った報酬を眺めつつ、ディベルクは呟いた。
 
 「……なーんか面白くねぇの」

 彼はヒーローになりたいのであって、金を稼ぎたいわけではないからだ。
 報酬を目当てに人助けをするのは、ヒーローといえるのだろうか。
 人助けはもちろん良い事に違いないが、仕事をこなしただけではないか?

 しかも、きちんと感謝もされなかった事が、不機嫌に拍車をかけている。

 「――ま、センリの道も一歩からってゆーしな!
         次行くか次!」
 
 彼の切り替えの速さは、一番の長所なのかもしれない。

 

第5回

『プレット二等通信兵、精霊協会への派遣後から報告を受け取っていないが、
 何か送信トラブルでも発生しているのか? 通信テストは正常だったg――』

 サラウンドで聞こえる上官の声に、
 ディベルクは鬱陶しそうにヘッドホンを外した。
 
 「……忘れてた。めんどくせぇ」

 思わず現実逃避したものの、数日中に何かしら連絡をしないと不味いのは確実だ。
 機材トラブルだと言い張ろうと決めて、パーティメンバーの元へ向かうことにした。

 

第6回

 汚い字で走り書かれたメモが散乱している。
 上官への報告内容が決まらないままのようだ。
 
 ……メモを書いた本人は、その傍らで眠りこけている。

 

第12回

 「――え、
         ……え? 嘘だろ? おい?」

 その問いかけに返ってくるのは、さーっという乾いたノイズだけ。
 傍らには何度も何度も書き直されたメモ。
 
 ――本国へ連絡がとれない。

 蓄積されたマナが切れた? ……いいや。電源は入っている。
 通信を遮るものも見当たらない。というか、以前同一の場所で通信を行なっている。

 「……、……どうすんだコレ」
 
 首都ハイデルベルクを見る限り、この世界の文明レベルは自国に比べて低いようだった。
 精霊兵の技術は自国の機人らに似通った点があるとはいえど、
 協会員に見てもらう、というのは厳しいだろう。……そもそも、軍事機密だ。
 
 暫く考え込んでから、彼は魔導機の電源を落とした。

 「……これで……報告しない口実が出来た……!
         よっしゃぁああああああぁぁぁッッ!!
 
 その少年の叫びに、一体何事かと数人が振り返ったが、
 彼自身はまったく気に留める事無く、電源の落ちた魔導器を背負って駆け出した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました