Ikki Fantasy:設定と日記

定期更新型ネットゲーム「Ikki Fantasy」での設定、日記ログ、後日談など。加筆修正済。

Profile

ロウ <LAW : LM-TPZ0586.Acel.Werbellf>

年齢:製造から5年 身長:156cm 体重:67kg

「エルを害すものは、ぼくが全て排除する」

 機人の少年。色と声を失った少女を救うため、故郷の世界から連れ出し、豊かな世界だという噂があったメルンテーゼに辿り着いた。
 その少女の縫いぐるみにエンブリオが住みついたのを切っ掛けに契約を結んだが、程なく王がネクターの独占を始めたため、その理由を問いただすのを目的として一揆に参加。
 たまに『ひと』としての考え方がズレている一方、『ひと』のことを知りたがる様子もある。

【機人】
 錬金術の進歩により心を、機工学の進歩によりヒトに近しい、または同等な姿を得た機械。
 思考は人工知能ではなく、マナを凝縮させる事により宿る精神体であり、現次元に干渉するために用意されたのが機械素体であるために機械、機人と呼ばれているに過ぎない。
 動力は雷系統のマナであり、それゆえにの雷や光のマナの影響を受けやすい。

エルキッド・カナリィス <Elkid.Canaries>

年齢:18歳 身長:152cm 体重:37kg

「……、……」

 鳥翼族の少女。三年前にある人物を亡くしたショックから、色と声を失っている。
 診療所で何もない日々を過ごしていたところをロウに連れ出され、メルンテーゼで生活することになった。
 いつも沈んだ表情で縫いぐるみを手放さずにじっとしているが、以前は明るく活発な少女だった。

Diary

Side Elkid

1st day

 どれだけ叫んでも、目の前の現実は変わらなくて。
 だからわたしはあの日、声を失くしてしまったんだろう。

 つめたい手に引かれて、真っ白な部屋から連れ出された今も、
 結局は何も変わらないのだと、思っている。

2nd day

 わたしは大事なものをすぐに失くしてしまう。
 たぶん、死神みたいなものなんだろう。

 だからきっと、誰とも関わらないほうがいい。
 それなのに、わたしはまた、新しい居場所を、

3rd day

 傷つけられることは、怖くない。
 命を失うことも、もう怖くない。

 ただ、他人から流れる赤い色だけは、
 あの日からずっと、怖くて仕方がなかった。

4th day

 大人になったら、歌う仕事をしたいと思った。
 綺麗な声だと、褒めてもらえたから。

 水辺で出会った彼女は、何のために歌っているのだろう?
 わたしは、何のために歌っていたのだろう?

5th day

 目の前にひろがる赤い海を否定したくて、わたしは叫んだんだ。
 エルって呼んでくれるって、約束したのに。お父さんって呼んでいいって、言ってくれたのに。

 ……無意識にまた泣いていた。シェイドがわたしの頭を撫で、セイレーンが優しく歌う。
 わたしはいつまで、ここにいていいんだろう。

6th day

 気づいた瞬間、すうっと、血の気が引いた。
 縫いぐるみの耳に付けてあった——あなたに貰った——ピアスが見当たらない。

 水辺で落としたかもしれないって、シェイドは身振りで教えてくれた。
 探さないといけない。これ以上、あなたを失くすなんて、嫌だ。

7th day

 ”おばあちゃん”は、わたしにとてもよくしてくれた。多分、居なくなってしまった息子たちの分もあって。
 国の戦病者保護以上に良い生活——真っ白だったけれど——ができたのも、彼女のおかげだった。

 『あなたにそれを渡すことができて、カルハも幸せだったでしょうね。娘に渡したいと言っていたから』
 そう言ってピアスを見つめた彼女の目がとても優しかったことを思い出して、ずきりと胸が痛んだ。

8th day

 水辺で見つかったピアスを、縫いぐるみの耳にもういちど付けてあげた。
 これからはあまり暴れないでねと、シェイドに身振り手振りで伝えながら。

 十七歳の誕生日、いつもお見舞いに来てくれてた先輩からもらった縫いぐるみ。
 『暫く旅に出るよ』と言われてそれきり会っていないけれど、今頃どうしているだろう。

9th day

 セイレーンが新しい歌を練習している。悲しいような、きれいな調べ。
 どうやら、死者の魂を慰める歌らしい。わたしも歌えたなら、あなたの魂を慰めることができただろうか。

 深く息を吸い込んで、喉を震わせることを意識しながら、ゆっくりと吐き出す。
 音程はめちゃくちゃで、声は殆ど掠れていて——けれど——声は、出てくれた。

10th day

 『あれは、もうヒトでしかない。表情は乏しくても、意志を——感情を持っているきちんとした生き物だ。
  モノなんかじゃない。僕らと何も変わらないよ』

 あなたはそう言っていたけれど、今のわたしはそう思わない。
 彼らには生まれつき欠けているものがある。……少なくとも、彼にはまだ、足りていない。

11th day

 本当の父親をわたしは知らない。ただ一人の肉親だった母を機械に殺されて、復讐心から軍に志願した。
 だから、あなたがお父さんになってくれるって言ってくれて、本当に嬉しかった。

 そんなあなたの命も、機械——機人に奪われてしまった。彼の、同類に。
 もう、あのときのような復讐心はないけれど、彼を好きになることも、この先ずっと、ないと思う。

12th day

 これがわたしの意志だと胸を張って言えるものはないけれど。
 あなたは、わたしの生を望んだ。だからわたしは生きようと思う。ただそれだけ。

 でもあなたは、わたしにどう生きて欲しかったのだろう?
 笑っていてほしかった? あなたのことを忘れて? ……そんなの、無理だ。

13th day

 彼には足りないものがあるからこそ、わたしは頼ることができる。
 欠けていたそれを彼が手に入れたら、今と同じように接することはできなくなるかもしれない。

 変わりたいとねがう彼は、きっと、テオさんやヴァンさん、レンツ君、シェリィさん達に語っているのだろう。
 彼には“まだ“理解できない、あなたのことを。

14th day

 広げられた両手に、すこし戸惑った。きっと、その体温は温かいだろうから。
 つめたい手ばかり握っていて、すっかりそれが心地よくなっていた。

 手に入れなければ、失くすこともないって言うけれど。
 わたしはそれを、怖がっているんだろうか。

15th day

 一人だけ逃げ出すことに、罪悪感がなかったわけじゃない。
 私より小さな——テティちゃん、レアちゃん——それに露ちゃんでさえ逃げずにいたから。

 けれど戦う術を持たないのもまた事実で、役に立てることといえばあなたに教えてもらった医術くらい。
 ため息をつくと、落ち込んでいることに気付いたセイレーンがまた歌を歌ってくれた。……情けないな。

16th day

 最近、わたしたちはダルシャナの事典亭でお手伝いをしている。
 ちゃんとした飾り付けはまだまだこれからだけど、ユール祭のツリーも飾った。

 ユール祭では、死者のためにお酒や食べ物を捧げる、ユール・ボードというものも用意するそう。
 あなたが好きなお酒はよく知らないから見た目で選んでしまったけれど、食べ物は持っていけるといいな。

17th day

 あなたが好きだった食べ物、といわれて思い出せるものが、割と珍しい部類のもので、
 いざ自分で作ろうとすると、材料の調達には少し骨が折れた。

 もち米、こしあん、塩漬けの桜の葉、その他いろいろ。
 失敗したらいけないからと多めに買った材料を目の前に、すこしくらっとした。大丈夫かな。

18th day

 レシピをよく読んで、恐る恐る、少しずつ工程を進める。
 彼やエンブリオの皆に手伝ってもらって完成したのは、さくら餅。

 最初は失敗したし、不格好なものも多いけれど、これならあなたに渡せるかな。
 セイレーンが歌っていた鎮魂歌は、まだ歌えそうにないけど、他の方法だって、あるんだ。

19th day

 レンツ君に訊かれた。メルンテーゼに来て、『良かった』って思うことがあったか、って。
 それは、たくさんあった。いろんなものを見た。いろんなひとに出会った。

 でも、それを『良かった』なんて言ってしまったら、これで良かったのだと認めることになる。
 ……わたしは、笑っているべきなんだろうか。まだ、わからない。

20th day

 アークさんが張った結界の中で、わたしたちはシェリィさんの秘密を知った。
 不安は当たった。しかも、思っていたよりもずっと重大なことだった。

 欠けているものを、埋めたがっている彼の気持ちがわかる。
 けれど、わたしはそれを望まない。わたしは、とてもとてもわがままだから。

21st day

 小川で出会ったフラウは、暇な時はいつも空を見つめてばかりいる。
 わたしが隣に来ても、視線をこちらに向けることはない。

 帰る場所がそこにあるのか、逢いたいひとがいるのか、それを知る術はないけれど、
 その様子は、どこかわたしに似ていると思った。

22nd day

 大きく息を吸って、吐き出す息を喉に押し付けるようにして吐き出す。
 『音』にしかならないそれを、どうにか『言葉』にしなければ。

 伝えたところで、もう何も変えられないことは、わかっているけれど、
 だからって、諦めて何も伝えないままじゃ、いけないと思ったから。

23rd day

 いざ声を出そうと必死になって、やっと気づいたことがある。
 周りの人たちが、思いを伝える他の方法——例えば、読み書き——について教えてくれようとしていたこと。

 そして、そういった気持ちを、『もうどうでもいい』と、わたしは無下にしてきたこと。
 押し付けかもしれなくともその思いは、けれど確かに私に向けられていたのに。

24th day

 『どうやら、ぼくには手伝えることがなさそうだから、此処でお別れしよう』。
 そう言って、エンブリオの少年——ムーンライトエレメンタル——はわたしにクッキーを差し出した。

 一度契約したエンブリオと別れるのは、これが初めてだった。
 クッキーを頬張りながら思う。次に巡りあうひとが、いいひとだといいな、なんて。

25th day

 わたしは、声で、想いを伝えることができた。

 だから、もうこの日記は、要らないのかもしれない。

Side LAW

26th day

 エルから日記帳を渡された。もう要らないんだそうだ。
 エルが書いたページは全て破り取られていて、破り取ったそれがどうなったかはわからない。
 エルの変化はぼくにとって喜ばしいことだ。それは救われた状態に近付いたはずだからだ。

27th day

 わからないと、なくしたと、レンツは言ったけれど。
 やっぱり、レンツはぼくに無いものを持ってるんだって思った。
 なくすまえに、ぼくは、持っていないから、わからないんだ。

28th day

 魂というものが、どこにあろうとも。もしくは、なかったとしても。
 魂を慰めたいと願っているヒトが、そこにいるのなら。
 願っているヒトの意識や記憶の中に居る彼らには、想いが届くというなら。
 死者への祈りや願いや、鎮魂歌の意味は、理解できるものだと、思った。

29th day

 寂しさ。孤独感。
 誰かと共に過ごした事を、懐かしむこと。
 誰かと共に居たいと、切望すること。
 少なくともぼくは、どれも感じたことがないように思う。

30th day

 誰かを笑わせたいから笑うのだと、レンツは言った。
 それはどうして。誰でもない誰かを、どうして笑わせたいの。
 マスターが居たなら、この答えは教えてもらえただろうか。
 この気持ちも『さびしい』と言うのなら、とても自分勝手なものに思えた。

Side Yush

新暦591年 1月

「……ええ。身代金とかの要求みたいなものは、何も。見舞いには週に一、二回行っていたわ。
 あの日も変わった様子も無かったし……そもそもあの子に私の声は届いていたのかも分からないわ。
 何を話しても反応らしい反応はなかったの。ずーっとどこか遠い所を見ていてね。
 余程ショックだったんでしょうけれど……」

「——この機人に見覚えがあるかって? いえ、無いけれど……。
 本当に、機人は私の何もかもを奪っていくのね。夫も、息子たちも、孫も——あの子も」

 心中お察し申し上げます、と無表情で告げながら手続きを進めていく。
 似たような話は何度も聞いてきた。王国民なら珍しくない話だ。

「あの子の写真? そうねぇ、写真なんて撮れるような雰囲気がなかなか無かったから
 ——ああ、息子からの手紙に入ってたのがあったかしらね、でも、その時とは別人よ」

 老婦人から差し出された写真を一瞥して返却する。この頃の彼女なら”知っている”。
 同じ拠点に居た事があるからだ。実際、この老婦人の息子——軍医だったのだが——にも世話になった。

「別人というのを具体的に?
 ……そうね、髪や翼の色が抜けてしまって、クリーム色になっていて……。
 あとは瞳ね、写真だと黒なんだけど……赤っぽくなってたわね。
 ……ただ、そんな事よりも、表情が一番違うでしょうね。
 この写真のような笑顔は——引き取ってから三年弱だけど、一度も見たことがないもの」

 暫く話を聴いて、これ以上手掛かりらしいものは手に入れられそうにないと判断して、切り上げた。
 機人による被保護者の界外への略取及び、無許可での界外渡航の疑い。
 どちらもそこそこの重犯罪だ。対象に大人しく捕まる気がなく、抵抗するようならば実力行使も容認される。

「ご安心ください、我々が必ず取り返します——どんな手を使ってでも」

 老婦人への去り際の挨拶で、真顔を保つのがどれだけ難しかったことか。
 界外に出てしまった対象を探すには時間は掛かるだろうが、見つけてしまえばこちらのものだ。

 そう、界外は手間が掛かる代わり、誰にも邪魔されずに、

 ——機人を壊すことができるのだから。

新暦591年 2月

 関係者からの聴取を進めた結果、対象の逃亡先が判明した。

 元素の世界、メルンテーゼ。
 ネクターとエンブリオという存在に支えられた豊かな世界。——というのが一般的な認識だが、
 帝国が行なっている隣接世界の調査によれば、どうやら内乱が起きているという話だった。
 なんでも、メルンテーゼを治める王が変わった途端、世界を支えるネクターの独占が始まり、
 それにより生活に困った住人達がそれの打倒を目指し暴動を起こしているそうだ。

「まぁ住人側から応援要請まで来たんだってんだから、暴動が起こってるってのは確かだろうけども、
 その装備はちょいとやり過ぎじゃァねえか。対象だって機人一体なんだろ」
「手加減する必要は無いだろう、『更生の見込みが薄い』犯罪者相手だ」

 先の内戦において、ヒトが機人に敗北した結果、
 今まで物として扱ってきた機人に人権を認め、物ではなくヒトとして扱う事になった。
 そうやって決められたことに、国民誰もかもが納得などしているはずがない。

 そして、人権が認められたからといって、行動すべてが許されているわけではない。

「はぁ……お前さんの相方が生きてりゃねぇ、こういう時ストップ掛けてくれるんだろけど——
 って、そーかそーか、そーだったな、復讐ってわけかい」
「……」
「……ンな事したって、相方が喜ぶわけでも帰って来るわけでも無いってのになァ」

 バカバカしい。他人にはそう言っても、自分だって対象の機人が目の前に居れば殴りかかるだろうに。

 機人による犯罪は、機人特有の思考に依る物が大きい。
 そのため説得は難しい上、そもそも身体能力的にも不利。
 そんなものを対処するための部隊に志望して入った奴が、機人を憎んでいないはずがない。
 いや、もしくは——とんでもない変わり者も居るのかもしれないが。

 内戦が終わった今、機人への憎悪から生まれる破壊衝動をどうすればよいか。
 衝動を抑え、ただ耐える奴もいる。衝動のままに破壊し尽くす奴もいる。

 耐えるなんてごめんだ。けれど、理性もなく破壊したいわけでもない。
 破壊の先も”真っ当に”生きる選択肢を求めた結果が、この部隊だった。

新暦591年 3月

 一揆というものは本当にあらゆる場所で行われているようで、城だけではなく周囲の山だの森だの水辺だので一揆の参加者らしき勢力を頻繁に見かける。もちろん、王側の勢力も。
 どちらにも関わる気はないし、そもそも軍関係者である自分は関わってはいけない。
 様々な世界に通じている<転送世界フェムトナーグ>の各国は、他の世界に干渉し、深い影響を与えることを懸念している。他の世界からの干渉によって急にもたらされる変化というものは、干渉する側される側、どちらの世界のためにもならない。機人が無許可で界外へ渡ることが認められていないのはそのためだ。

 ——対象について。
 情報収集を、と思い立ち寄ろうとした酒場であっさり見つけてしまった。店の外から様子を伺っていると、どうやら給仕を行っているのか、亭主と思わしき人物と歓談している様子だった。
 それから後をつけてみたものの、他人の目が無い場所を通ることがなく、また、単独行動する事が稀なようで、接触する機会を見つけられずにいる。

 ……これは、暫く時間が掛かりそうだ。

Last part

68th day – 新暦591年 3月末

 今となっては『元・事典亭』となってしまった建物。
 亭主やアーシェ、そして客たちで賑やかだった店内は、今ではエルとロウの二人しか居ない。
 昨日の宴の片付けは済んでいるものの、どうも落ち着かないため、軽く床掃除をしていたエルが囁いた。

本当にいいのかな、わたしたちで使ってしまっても……。

 普通の人であれば聴こえないほどの囁きだが、ロウの集音器ではきちんと聴き取れており、窓の外からエルへと視線を移した。

亭主からの提案なんだ、気にしなくていいと思うけど。

それより、もう時間だ。行こう。

一揆の行方は大方決しているからそこまで気にしていないけど、

そろそろベルフィに勝ちたい。負けたままっていうのは気分が良くないし。

はぁ、ロウって本当に負けず嫌いだよね、わからなくもないけど。

 元・事典亭を出て数歩、というところで、自分達以外の足音にロウが立ち止まる。音の方を振り返ると、見慣れない黒衣の男が近づいてきていた。黒い外套の間から見えるのは、二人の出身国の軍服。

 咄嗟にエルを背後に庇うロウを、男はつまらないものを見るような目をして口を開いた。

転送世界フェムトナーグ王国軍 対機人部隊所属、コシュ・アズワルドだ。
略式型番『LM-TPZ0586.Acel.Werbellf』で相違ないか。

そうだけど。わざわざメルンテーゼに来た理由は何?

貴様には『被保護者の界外への略取』および『無許可での界外渡航』の疑いが掛かっている。

……並びに、エルキッド・カナリィス。そちらはナディア・L・クレィンから捜索願が出ている。

やっぱり、そっか……”おばあちゃん”……。

——断る!

エルはぼくが救う。ぼくがメルンテーゼに連れ出すまでの三年間、誰もエルを救おうとしなかった。

ぼくからエルを引き離しても、また同じ場所に閉じ込めておくだけに決まってる!

……貴様は従わず、抵抗した。それでいいんだな?

 思わず機銃を構えたロウの視覚が、いびつに歪む男の口元をとらえたその瞬間、ロウの身体は突風のようなものに突き飛ばされていた。

——!?

 体勢を立て直し、再度機銃を構えようと左腕を上げるも、そこにあるはずの腕が——機銃が、”なかった”。男の右手には大剣が握られており、その傍らにはロウの機銃が転がっている。大剣からも、千切れた腕と機銃からも、ぱちぱちと同じような放電現象が起こっている——先ほどの突風のようなものが剣撃だったのだと理解するまで、ロウはしばらく唖然としていた。

……腕が取れようが、足が折れようが、そうやって驚くだけで悶え苦しむこともない。

人と同じ痛みも感じられない機人が、人を救うなど抜かすなんてな——反吐が出そうだ。

弁解ならいくらでも聞いてやる——その口が動くまで、だがな。

 吹き飛ばされたロウに近づき、大剣を握り直し振り上げる。
 しかし、再度振り下ろされようとした大剣は、途中で止まっていた。

 切っ先のすぐ先には、ロウの前で大きく手を広げるエルの姿があった。

……邪魔をするな。そもそも機人を庇う理由がどこにある。

お前の母親も、”父親”も——一度ならず二度も家族を殺されておいて、まだ憎くないとでも言うのか!

……ッ、り、ゆう、なら……ッ、ありますッ!

だれともはなさず……に、どこへも、いけなかった、わたし……が、いま、ここにいて……、

あなたに、じぶんの、いしを、つたえて、いる、ことっ!

すべての、きっかけを……くれた、のは、ロウです!

……いまでも、きじんの……ことは、きらいです。

けどっ、これは……ロウの、『いし』のけっかで、きじんか、どう……か、なんて、かんけい……ないです。

ロウに、つれだされた……とき、わたしに『いし』なんて、なかった……なにも、かわらないと、おもってた、から。

でも、いま、もういちど、ロウが、つれだそうと……する、なら、わたしは、よろこんで、そのてを、とります!

 エルの拙いながらも真摯な言葉に、男は若干気圧されたようだった。
 捜索願が出されている『被保護者』である彼女が立ちはだかるのであれば、いくら界外とはいえ諦めざるをえない。
 彼女を無視してロウを壊したところで、後々不利になることはわかっている。それに、何もこの機人にこだわる必要はないのだ。

……ならば、略取の疑いについては双方同意ということになるだろうが、

捜索願が出ていることには変わりない。界外への移住届も提出されていない上、

被保護者の認定がされてしまっている以上、半強制的に帰還させざるを得ないが。

エル……もう一度あの場所に戻ったら、ぼくはもう、エルを……。

 初めて感じる無力さに、ロウは戸惑う。左腕からの放電現象は止まったが、武器がない以上、逃げ続けることも、抗うことも難しいだろう。エンブリオの力も通常は機銃を通して使っているものであり、今のままでは思い通りに使えるかが判らない。

……ううん。もう大丈夫なんだよ、ロウ。あの真っ白な場所には、戻らない。だから、一緒に帰ろう?

 うずくまったままのロウに、エルは笑顔を向けて手を差し伸べる。ロウの無力感とは逆の、少しだけ誇らしい気持ちがエルにはあった。自分の言葉が無力ではなかったことが、誇らしいのだ。

……そうか。エルがそういうなら、信じる。

 差し伸べられた手を取り立ち上がって向き合う。どちらからともなく、二人は微笑みあった。

……まったく、久しぶりに思う存分壊せると思ったが、とんだ無駄足だったな。

無許可での界外渡航だけじゃ、大した刑罰にもならないだろうしな……。

……、……帰還の準備ができたら声を掛けろ。

俺はその機人が逃げ出さないか監視する必要がある。

別行動とはいかないが、できるだけ干渉しないように心掛ける。

69th day – 新暦591年 3月末

 わたしが彼——ユシュさんを最後に見たのは、三年ほど前の話だ。

 あの頃もいつも不機嫌そうな顔をして、けれど今よりはすさんだ目をしていなかった——いや、いつからかすさんだ目をするようになっていた。彼とはまったく逆の性格をした友人を、とある作戦で亡くしてからだった。

 わたしは、彼はそういうことには慣れているものだと思っていた。自分から話しかけることなどしなかったから、彼とその友人がどれくらい親しかったかとか、その作戦で具体的に何があったかとかはわからないけれど。

 そしてひとつ、わたしは彼に訊きたいことがあった。

……何だ。言いたいことがあるなら早くしろ。

 吸っていた煙草の火を消して、なかなか話しかけられずにいたわたしに近づく。

……ひと、ちがい……じゃ、なければ、ききたいことが、あります……。

ユシュ、さんは、あのとき——、わたしの、”おとうさん”をたすけて、く……れたって、せんぱいに、ききました。

……けほっ……、……、なにか、いってなかった、かな、って。

わたしは、そのとき……そばに、いなかったから……ッ、けほ……。

 まだ辺りに残っている煙草の煙が、すこし煙たい。何度か咳き込むわたしを見て、彼はひとつため息をついた。

……無理して声を出すな。囁きで十分だ。

助けたといっても、治療室に運んだだけだ。俺が駆けつけた時には意識もほとんどなかった。

その後はお前の言う先輩に聞いたほうが詳しいだろうよ。

……戦闘兵科でもないのに、複数の機人を相手に善戦できていたのに驚いたがな。

いくつかの機人の残骸の中で、安心したような顔で倒れ込んでてな。その表情にも驚いたが。

 安心したような顔。……あなたの考えそうなことは、なんとなくわかる。

 囁きで十分だという彼の言葉に甘えて、囁きでお礼を言ってからその場を去ろうとした。
 ——が、物陰で様子を見ていたらしいロウと目が合った。

……ロウ、聞いてたんだ。

……ぼくは、あの時、エルたちのことを助けに向かう大尉のことを、止めた。

敵うはずないって、思ったから。……けれど、聞いてくれなかった。

「守るために立ち向かっても、自分自身が死んでしまったなら、自分のとってのすべてが無くなってしまうのに」

「ほんとうに救えたかどうかさえも、知ることができないのに。救いたいと思った気持ちさえも、消えてしまうのに」

「自分がいなくなれば、エルが悲しむことくらい、わかっていたと思うのに」

……それでも救いたいと思う気持ちを、理解できずにいることを、いつか、ぼくはアーシェやレンツに話した。

返ってきた答えはそれぞれ違ったけれど、きっとどれもが正しいと思った。

でもそれは、ぼく自身が見つけ出したこたえじゃない。

だから、ぼくは考えていたけれど、今、こたえにたどり着けた気がする。

別れにエルは悲しむだろうけれど、それでもいつかは、

エルが笑ってくれることを、信じていたからだと、思った。

……エルは笑えるようになった。
命をかけた理由は、いま、ぼくの目の前にある。

 ロウが微笑む。わたしはそれを、どんな顔で見つめていたんだろう。

 わたしがいつか笑えるようになると信じた、あなたのその気持ちは、いま、どこに在るのだろう。

——届くと思っていれば届く——か。
それはつまり、歌うヒトと、それを聴くヒトの意識の中に居ると言うこと……?
私はやっぱり小難しいコトは分からないよ。
ただ歌い手は届けと願って歌うわけだ。自分の中に居る”ソイツ”に向かって、ね。
魂だとかなんだとか……そう言うモンよりも。
ロウの言う通り”意識”や”記憶”の中に残ってるモンってさ、届けたいヤツの一部なんだよ、多分ね。

 ふと、ロウとシェリィが話していたことを思い出した。

 それなら、わたしの記憶の中にいるあなたは、きっと微笑んでくれるはずだ。

うん。ずいぶん遅くなっちゃったけど——。

 あなたの居ない世界で、ちゃんと笑えたことを。

Stories

タイトルとURLをコピーしました